忍者ブログ

日野市の司法書士。その妻の独り言

世間に余り知られていない司法書士ができる仕事。 今や登記だけじゃない。債務整理や訴訟代理など。妻から見た夫の苦悩や喜び。プライベートや趣味も書き留めていきたいと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一年前は。

まだ、ヨロヨロしつつも自力で歩けていたのねぇ、マメ。

未だに、何かの拍子に君の鳴き声が聴こえたりします。

あの逝ってしまった夜。玄関で寝ていた君にはもう、吼える体力はなかったのに、
皿を洗う私の耳にははっきりと君の「ワン!」が聴こえたのでした。

急いで階段を駆け下りたそこには、もう逝ってしまった君がいましたね。
20分前には呼吸を確認できたのに。

老衰で逝った君を知人たちは「幸せだったよ。」と慰めてくれるけど。

きっとあの世で母と出会い、また昔のように、母の手にじゃれながらお散歩をしてると
思ってるから。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[04/03 NONAME]
[03/24 沙羅双樹]
[11/27 六条]
[11/24 なら]
[06/28 六条]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ピー介
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

カウンター

Copyright ©  -- 日野市の司法書士。その妻の独り言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]